長谷川栄雅とは

私たちがこの酒で本当に届けたいものは、
「至高の旨さ」だけではない。
日本の美しさや豊かさに触れる、
特別な喜びと体験である。

水と米に恵まれた播州の地で、
三百五十年にわたり伝統を守り、
磨き続けてきた長谷川家の酒づくり。
その技の粋を尽くし、人への想いを尽くし、
日本酒というかたちで「日本の美」を追求する。

この国にある礼節を重んじる心、
自然を慈しみながら生きるたくましさや知恵、
美しさへの豊かな感受性。

そのすべてを一滴一滴に込めていく。
胸の奥底に響く豊かな味わいが、
美しい時間と空間をもたらし、
日々をより美しいものにすることを願って。

長谷川栄雅の想いについて
詳しく見る

酒造りのこだわり

無垢な旨さだけを取り出す、袋搾り。

もろみから日本酒を搾る方法として、
最も一般的なものは、機械による搾りである。
搾り終わるまでの時間が早く、大量に搾ることができる。
一方、長谷川栄雅は、袋搾りという方法にこだわっている。
酒袋にもろみを詰め、吊るす。
袋から染み出し、したたり落ちる一滴一滴を集めていく。
重力以外の力を一切加えないため、
生きている酵母にストレスを与えることなく、
無垢な味わいだけを抽出することができる。
しかし、この方法では量を確保することは難しい。
効率ではなく、日本酒づくりの深淵を追求する。
袋搾りに、長谷川栄雅の本質が表れている。

蓋麹法という名の、伝統の技。

酒質を決定づける麹づくりは、
日本酒づくりの中でも最も重要な工程のひとつ。
鍵を握るのは、温度と湿度の巧みな調律。
麹菌の生命力を米の一粒一粒に行き渡らせていく作業である。
長谷川栄雅が用いたのは、古くから伝わる「蓋麹法」。
米を小分けに盛った木製の麹蓋を積み重ね、温度を調節する。
米の温度の微妙な変化に神経を注ぎ、2〜3時間おきに積み直す。
一晩中繰り返される手間のかかる作業によって、
繊細な味と香りが引き出される。
長谷川栄雅のために現代に生きる技。
体力と技術を要する蓋麹法を受け継ぐ者は、
今日わずかしかいない。

特A地区で生産される、最上の山田錦。

日本酒づくりは、米づくりから始まる。
山田錦は、酒米の最高峰であるとともに、
栽培が非常に難しい品種として知られている。
背丈が高く粒が大きいため、雨風によって倒れやすい。
また、長所である心白を大きく育てるためには、
寒暖差の大きな圃場が必要とされ、
生産者は過酷な作業が強いられる。
長谷川栄雅が使用するのは、特A地区に指定されている、
兵庫県加東市小沢地区で生産される山田錦。
特A地区とは、山田錦の中でも特に優れた米を生産する、
ごく限られた地区である。
小沢地区の圃場は、水持ちの良い粘土質で昼夜の温度差があり、
山田錦にとって理想の条件が揃っているが、
ここに人の情熱が加わってはじめて、最上と呼ぶにふさわしい米が生まれる。
希少な山田錦を贅沢に使う長谷川栄雅の日本酒づくりは、
契約農家の方々の労に支えられている。

水に選ばれし蔵元。

水は酒質を左右する要因のひとつであり、
蔵元の個性を決定づける。
長谷川栄雅を醸すのは、
名勝「鹿ヶ壺」を源流とする揖保川系林田川の伏流水。
甘みのある軟水で、柔らかな口当たりの酒を生み出す。
技術や情熱だけでは日本酒づくりを続けることはできない。
豊かな森や土壌が時をかけて磨き上げた良質な水があってこそ。
長谷川栄雅もまた、大自然の恵みの
ひとつであると言っても過言ではないだろう。

350年かけた、技術の取捨選択。

銘柄の由来ともなっている長谷川栄雅が
播州の地で酒づくりを始めたのは、寛文6年(1666年)のことである。
以来、350年に渡り受け継がれてきた日本酒づくり。
その歴史の中で行われてきたのは、壮大な取捨選択。
時代の変化から生まれてくる様々な技術を見極め、
良い部分だけを抽出し、次の世代へとつないでいく。
350年におよぶ経験によって研ぎ澄まされてきた
日本酒づくりの技が、長谷川栄雅に活きている。

すべての工程に、
日本の技と経験が活きている。

長谷川栄雅の酒創りについて
詳しく見る

寛文6年(1666年)、
歴史はここから始まった。

長谷川家の歴史について
詳しく見る

このサイトは20歳以上の方を対象にしています。
あなたは20歳以上ですか?

You have to be over 20 to visit our site.

NO

20歳未満です

I'm Under 20

YES

20歳以上です

I'm Over 20